スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

体温上げてますか?

もう直ぐ夏が来ます。

エアコンの使用に、冷たい物を飲む機会が、増える時期になります。

ご存じだとは、思いますが、そんな生活をしているだけだと、身体が冷えてしまいます。

身体が、冷えたままで、低体温になってしまうと、良い事は一つもありません、ストレスも1因です。

① 免疫力の低下。
② 内臓脂肪が増加しやすくなる。
③ アレルギー症状の発症・悪化。
  みなさんご存じだと思いますが、大雑把にはこんな所です。

①②③に問題が生じると、免疫系・ホルモン系の臓器に影響して、病気になりやすくなったり、治りにくく

なります。

良い事は、一つもないと思います。

①  お風呂(湯船につかる)

②  有酸素運動 

③  筋肉トレーニング

④  足揉み

⑤  陽性食品を食べる(温かい飲食物も含めて)

②は身体を動かす事により、脂肪の燃焼にもなり、③は筋肉量が増加する事により、基礎代謝が増えて体温上昇
④は血液循環が良くなり、体温上昇、⑤は根菜類を食べる事に、より体温上昇。

夏バテ・夏の食欲低下は、体温低下による、内臓の冷えからです、今から準備して下さい。

それを、継続する事により、秋・冬・春・夏・四季に負けない強い身体を作って下さい。
スポンサーサイト

足でストレス解消


5月も半ばに入り、新しく生活環境が変わった方も少なくないと思います。

今回は足揉みでストレス解消をする方法を紹介します。


  左足の土踏まずの黒マーク部分を揉んで柔らかくします。

  左足の親指部の黒マーク部分を揉んで柔らかくします。

  右足の土踏まずの黒マーク部分にあたる場所を揉んで柔らかくします。

  右足の親指の黒マーク部分にあたる場所を揉んで柔らかくします。


土踏まずの黒マーク部分は小腸・親指は頭部分にあたる反射区です。


なんでストレスで小腸と思う方もおられると思いますから以前聞いた事を紹介します。 

人がまだ単細胞生物だった頃、内臓器官は生命維持のための消化器官だけで脳はありません。

外部からストレスを受けると言う事は、消化器官にダメージを受けますから生命の危機になります。

その名残で、人はストレスを受けると消化器器官にダメージ出るのです。

多分、土踏まずを揉んでいると、固いしこりのようなものが出てくると思います。

そのしこりを無くすつもりで足を揉んで下さい。

直ぐに、スッキリしたい人は痛いのを我慢して、しこりをつぶして下さい。

不思議ですが、しこりが無くなると、スーッとと言うか、なんと表現すればいいかわかりませんが、

とにかくスッキリします、是非お試しください。

久し振りの自由な時間

昨日は、久しぶりに予定が何もなくて、好きな事をできました。

前日から背中が張って、軽い頭痛があったので、普段より少し多めにジョギングとセルフ整体をしました。

脂肪の燃焼にもなりますから、少しメニューを書きます。

起床後、①  丸水分を取りながら30分程ごろごろしてました。

    ②  野菜ジュースを飲んでから(ビタミンを補給して脂肪を燃焼しやすくする)ストレッチと
       ウェイトトレーニング 1時間 ウェイトトレーニングは7種 各12回×3セット

    ③  ジョギング クールダウン込みで約2時間
       
    ④  昼食後時間を空けてからセルフ整体を背中・股関節を中心に全身で約2時間

のんびり音楽を聴いたり、DVDを見ながら好きな時間を、過ごしながらでしたから「あっ」という間に
休日が終わりました。

おかげで今日は絶好調です。
    
    

ストレス解消

今の季節、環境が変わったりしてストレスも多くなると思います。

いやな事、つらい事、色々考えたくない事は沢山ありますが、解決するためには考えないといけないこともあり

ます。

人は嫌な事等を考えている時は、自然に呼吸が少なくなっています、だからそんな時ため息が出るのは、呼吸の

バランスを取り、ストレスを軽減するためなのです、ため息をいっぱいついてリラックスして下さい。

1番簡単なストレス解消法は、息を吸った時間の倍の時間で息を吐き出します。

以前にも書きましたが、息を吐き出している時は自然に脱力するからです、それと出来るだけ(無理のない範囲で)

長く息を吐き出す事に意識を向ける事により、交感神経から副交感神経に入れ替わりよりリラックスする事がで

きます。

普段生活している時は交感神経、リラックスする時は副交感神経とONとOFFの切り替えを、心掛けて下さい。

切り替えが上手く出来なくなって、交感神経が優位になったままだと、パニック障害の様になったり、副交感神

経が優位になったままだと、鬱の様になったりする恐れがあります。

禅での、腹式呼吸は吸息に3秒、呼息は15秒で、10セット以上する方が良いと本に書いて有りました。

最初は15秒の呼息は、難しいと思いますが、慣れるともっと長く出来るようになります。

ボクは体温を上げるために、湯船につかった時にこの呼吸をしています。(体温については又の機会で)

ON,OFFの切り替えをお忘れなく。







耳のストレッチ意外な効果

前回の記事を書いてからNHKのラジオを聴いていたのですが、テーマが耳のストレッチでした。

簡単に説明すると、顔の簡単マッサージになるそうです。

耳のストレッチをすることにより、強張った顔の筋肉がほぐれて、血流が良くなり、目の下のクマや

小じわ、肌の張りが良くなるそうです。

朝起きてするのが良いそうですが、1日に何度でも良いそうです。

それと、まぶたの浮腫みや、目の疲れが気になる時は、眼球を上下左右、回転など動かすと良いそうです。

お試しください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。